多汗症治療

脇の多汗症の治療とはどんな内容のものがある?

ワキ汗がひどくて下着ももとより洋服まで汗ジミがつく、汗とりパッドやタオルが手放せない、汗で集中できないなどの症状で悩んでいるなら、多汗症かどうかを病院で診察してもらうと良いでしょう。

そこでもし多汗症と診断されたとしても、今はいろいろな治療法がありますので自分に合った方法を見つけ、治療をすると良いでしょう。

診療を受ける科は、形成外科や皮膚科、麻酔科となります。

多汗症の治療と言えば、手術が主なのではと思われがちですが、そんなことはありません。

まず初めは塩化アルミニウム含有の塗り薬を使って行います。

ワキの下に毎日塗ることで、効果が徐々にあらわれてきます。

ワキ汗で悩む人がこの治療を受けるとかなりの人がこの段階で良くなります。

数日から数週間、この塗り薬で治療を続け、それでも良くならない場合は次の段階へ進みます。

次の段階はボツリヌス療法です。

これはボツリヌストキシンの作用を利用し、交感神経を麻痺させ発汗をブロックするものです。

ボツリヌス菌が作るたんぱく質を有効成分とした薬を使います。

重症の人でもボツリヌス療法で多くの人が改善すると言われています。

一度注射をすると効果は約半年続くので、ワキガが気になる夏に注射をする人が多いです。ボツリヌス療法は現在では保険適用となっています。

もし塗り薬、ボツリヌス療法でも効果がみられない場合は、飲み薬が出る可能性があります。

漢方薬や抗コリン薬が多汗症の薬として認められていますので、症状に合った薬が出されるでしょう。

塗り薬、注射、飲み薬と治療を進めてきたけれど、十分な効果がみられないような場合は、手術が検討されます。

手術は神経を切断するもので、病院によっては日帰り手術で行われています。手術を受ける場合は、事前にしっかりと医師から話を聞き、決めるようにしましょう。

治療を受けるにあたり、保険適用になるのかどうかですが、手術の種類によって保険適用となっていますので、それほど大きな費用負担は無いでしょう。

もし心配であれば事前にどれくらいの治療費になるのかを確認してみると安心です。

脇汗は洋服に汗じみができて目立ってしまうので恥ずかしいのと、汗をかいた後の嫌なニオイが気になるものです。

まずはいろんな市販のデオドラント製品を試してみるところから始めてみましょう。

その段階である程度の脇汗が抑えられれば良いですが、それでもまだ汗が気になるという場合は病院での治療も検討してみましょう。

返信を残す