デトランスαは子どもでも使える?妊娠中や授乳中は?

子供や妊娠中

ワキ毛が生える年齢は、男の子は平均して12、13歳頃。

女の子は男の子と比べると成長が少し早いため、10歳頃から生え始めることもあります。

子供の成長は早い!親としてできるのは臭いを防ぐデオドラントを用意すること

一般的には月経がはじまる頃にワキ毛も生えてくるようですね。

ワキ毛が生えてくると、ワキの臭いも気になり始めます。

特に思春期はホルモンの働きが活発になるので、体臭が濃くなりますよね。

ワキは硬い毛が密集して生えているので雑菌が繁殖しやすいですし、ワキの下にはアポクリン腺という汗腺があるので、ワキから出る汗には臭いがあり乾きにくくてベタベタしています。

臭いに対する悩みは大人でも深刻。思春期のデリケートな子供ならなおさら悩むはず…。

親としてはフォローしてあげたいですよね。

何歳から使えるのか?

脇汗を抑制して臭いを防ぐパワーがあると話題の、デトランスαは何歳から使えるのでしょうか?

説明書によれば、子供には使用しないように書かれていますが、カスタマーセンターでは、子供に使用する場合は12歳以上から使用するようにすすめているようですね。

最初に使用するときには、腕の内側など目立たない場所に少量つけてパッチテストをしてから使うと安心ですよ。

ワキの下に使用するときには、直接つけるのではなく、コットンなどに水と一緒に少し含ませてワキにつけるといいですよ。

ただし、肌に合わないと痒みが発生するので、休みの前日などに使って様子を見てみるといいかもしれませんね。

敏感肌用を使用するようにすれば、より安心ですよ。

朝起きたら洗い流すか、汗拭きシートなどで拭き取るのを忘れないようにしてくださいね。

妊娠中や授乳中でも使えるのか?

妊娠中や授乳中の女性にもデトランスαは使えるのでしょうか?

妊娠中や、出産を終えてからはホルモンバランスが崩れるので体臭が濃くなる人もいます。

でも、臭いケアはしたいけど、赤ちゃんに影響がないか心配ですよね。

実は、皮膚科や美容クリニックでは、ワキガや多汗症の治療の一環で、デトランスαを処方しているところもあるくらいなので、安全性は問題ないみたい。

ただし、メーカーは妊娠中や授乳中の使用を控えるように促しています。

妊娠中や授乳中に使っても大丈夫というクリニックもあれば、控えた方がいいというクリニックもあるみたい。

これは体質によって、合う合わないがあるし、妊娠中などは体質が変化して敏感になる人もいるから用心した方が良いということなんでしょうね。

安全性に問題はないけど、すべての人にとってリスクがないというわけではないようですね。

返信を残す