多汗症とワキガ

ワキガと多汗症は別物!汗とニオイのトラブルをもたらす原因とは?

暑い季節がやってくると、汗やニオイが気になるものです。とくに汗かきの人にとっては、頭を悩ませることでしょう。

とくに汗のトラブルとして挙げられる代表例が、多汗症とワキガです。しかし同じ汗に関するトラブルでも、多汗症とワキガは異なるものです。

多汗症とワキガにはどのような違いがあるのでしょうか。

多汗症とは、名前の通り汗を多くかいてしまう症状です。

脇だけではなく、手のひらや足の裏、顔などに大量の汗をかきます。俗に言う「汗かき」の人全てが多汗症というわけでもありません。

多汗症は、精神的な緊張や体温の変化において発生するのが特徴です。汗は汗腺の働きによって排出されます。多汗症の場合は、エクリン腺という汗腺が大きく影響するものです。

エクリン腺は全身の至る所にあります。精神的な緊張状態が訪れると過剰に働き、多量の汗が出てくるのです。

多汗症は交感神経という自律神経の活動が大きく影響します。

そのため交感神経の活動を抑える処置をとることで、発汗も抑えることができるのです。

一方ワキガは、脇の下から独特のニオイを発する症状です。

このニオイは、酸っぱいだけでなく、香辛料や硫黄のような独特のニオイを発する場合もあります。

また汗をかかなくても脇周辺にニオイを発する場合もあります。またワキガは、多汗症とは異なるアポクリン腺という汗腺が大きく関係します。アポクリン腺は身体の中でも、脇の下や耳の下、陰部など限定された部分にあります。

ここから分泌される汗は、脂肪やたんぱく質といった成分が含まれています。エクリン腺の汗がサラサラしているのに対し、アポクリン腺の汗はベタベタしています。

このベタベタした汗が、皮膚にいる菌によって分解されることで、独特のにおいが発生するのです。

多汗症とワキガは別物であっても、まったく関係ないというわけではありません。

ワキガ体質の人が多汗症により多くの汗を発した場合、エクリン腺からもアポクリン腺からも汗が発生します。

ワキガを併発させている場合、その際にニオイを発生させているのです。

そのため多汗症がワキガの引き金になっている可能性もあるのです。

汗かき体質の人は、「自分は多汗症なのか、ワキガを発症しているのではないか」と心配になるかもしれません。

いずれにせよ、どちらの症状もクリニックでの施術で改善は可能です。

また、デオドランド剤や制汗剤の活用、生活習慣の見直しで汗やニオイをガードすることもできます。これらの特徴を理解し、今一度自分の体質をチェックしてみてはいかがでしょうか。

返信を残す